ちくわの暇つぶしまとめ

ちくわの暇つぶしまとめでは、Twitterで話題の画像、動画。
面白いネタや話題のニュースを毎日まとめていきます。

    カテゴリ: 海外


    絞殺Halfpoint/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

    2018年8月、アメリカのコロラド州で妊娠中のシャナン・ワッツさんと娘2人が殺される事件が起こった。3歳と4歳の娘たちは絞殺された後オイルタンクに沈められ、シャナンさんは地中に埋められた状態で発見された。

    その後逮捕され、終身刑に処されたのは夫のクリス・ワッツ容疑者である。

     

    ■嘘を重ね、どこまでも厚顔な犯人

    8月中旬、シャナンさんが妊婦検診に現れなかったことを不審に思った知人が警察に捜索願を提出。その日、クリス容疑者は地元テレビ局インタビューに対して、「3人とも無事に帰ってきてほしい」と答えている。

    捜査員には、娘たちを保育園まで迎えに行き、帰宅後に食事を与えて寝かしつけたと証言。実際には子どもたちをベビーシッターに預け、愛人と会っていたという。

     

    ■妻が殺人を犯したかのような発言も

    家族を殺害したとして逮捕された後も「妻が娘たちを殺したことに逆上し、つい首を絞めた」とシャナンさんを殺人犯に仕立て上げるような発言をしていたことも分かっている。

    2人はクリス容疑者の愛人や両親との関係のことで揉めており、警察は家族の問題が殺害の動機と見ている。11月に開かれた判決の日、マルセロ・コップカウ判事は満席の傍聴席に向かってこう話しかけた。

    わたしは17年もの間、裁判官をやってきたが、今まで扱った中で最も残酷で悪意のある犯罪かもしれない」

     

    クリス容疑者には仮釈放なしの終身刑が言い渡された。証人として法廷に立ったシャナンさんの父は、こう言い放った。

    「事件の夜、何が起こったかは神のみぞ知ることだが、娘と孫2人の命は冷酷な悪魔によって奪われたと思っている。その悪魔は彼女たちをまるでゴミのように扱った。最低な男だ」


    ■世間の反応は…

    近隣の住人たちの声も厳しい。近所に住むシェリルさんは、

    「終身刑だなんて、刑務所の空間さえ無駄。死刑こそがふさわしい」

     

    と訴えた。ネット上ではシャナンさんと娘たち、そして生まれてくるはずだった命を悼むと同時に、犯人を憎む声が挙がっている。

     

    「亡くなった4人のことを考えると胸が苦しい。犯人は息をする権利もない」

     

    「どうして子どもたちを殺さなければならなかったの? 父親のすること?」

     

    クリスは悪魔。獄中で痛めつけられればいいのに」

     

     

    ■警察が再現動画を公開

    事件直後に遺体を運ぶ様子など、クリス容疑者の犯罪を裏付ける防犯カメラの映像が次々と公開される中、警察は証言に基づいて作成された再現ビデオも公開した。

    犯人に扮した捜査員が人形の首を絞めるという衝撃的な内容だ。このような積極的な情報の公開が、同様の事件が起こらないための抑止力となることを願うばかりである。

    ・合わせて読みたい→東淀川区・2歳娘虐待死事件 「義父がカメラで見せた態度」に非難が相次ぐ

    (文/しらべぇ編集部・鈴木 もなみ

    妊娠中の妻と2人の娘を殺害した男に終身刑 裁判官も「今まで扱った中で最も残酷」


    (出典 news.nicovideo.jp)

    どんな精神してんだよ

    <このニュースへのネットの反応>

    【【アメリカ】妊娠中の妻と2人の娘を殺害した男に終身刑「今まで扱った中で最も残酷」】の続きを読む


     【シドニー時事】ニュージーランド(NZ)自然保護当局は26日、同国南部の島で「最大145頭」のゴンドウクジラが浅瀬に打ち上げられて死んだと発表した。

     ゴンドウクジラは体長約6メートルの小型のクジラ。NZの南島から約30キロ南に離れたスチュワート島のメイソン湾で見つかり、付近でキャンプをしていた人が24日に通報した。

     発見した時には半分のクジラが既に死んでいたが、救出のために近づくのが困難な場所だったことなどから、残りのクジラ安楽死の処置が取られた。同当局は「クジラを海に戻すことに成功する公算はかなり小さかった」と説明した。 

    〔写真説明〕ニュージーランドのスチュワート島で打ち上げられたゴンドウクジラ=26日にNZ自然保護当局提供(AFP時事)

    ニュージーランドのスチュワート島で打ち上げられたゴンドウクジラ=26日にNZ自然保護当局提供(AFP時事)


    (出典 news.nicovideo.jp)

    何かがはじまるのかな

    <このニュースへのネットの反応>

    【【ニュージーランド】【悲報】ゴンドウクジラ145頭が浅瀬に打ち上げられる】の続きを読む


     フロリダ州セントピーターズバーグにあるハンバーガーレストラン「チャッタウェイ(Chattaway)」で今月6日の午前3時半頃、500ドル(約5万6,000円)相当の飲食物が盗まれる窃盗事件が発生。男の行動は、店内に設置している監視カメラに映っていたため、レストラン側はすぐに警察に通報した。サンクトペテルブルグ警察が、事件が起きた前日にさかのぼって映像を確認したところ、ほかの男による異常な行動が見つかった。

     ツバの大きな帽子をかぶった初老の男は5日深夜に自転車で店に到着すると、レストラン駐車場を10分ほど自転車でうろついた後、裏ゲートから倉庫に入った。倉庫内の品物をひとつずつ並べ、ながめていたようだ。その後、男はトイレに入って服を脱ぎ、裸で店内を歩き出した。そして男はテーブルに座り、持参したインスタントヌードルマルちゃん」を調理して食べ始めたのだ。さらに、男は店内にあった打楽器ボンゴを叩き、リズムを取った。男は4時間ほど滞在した後に、持参したインスタントヌードルを2つ、倉庫の棚に置いて去って行ったという。

     男が全ての物をきちんと元に戻して去っていったため、「チャッタウェイ」のマネージャーは、警察が映像を確認するまで裸の男には気がつかなかったという。また男は店内に侵入した際には服を着ていたが、出ていったときは全裸だったという。男の服は店内では見つからなかったとのことだ。

     この事件に対し、ネットユーザーからは「ヌードとヌードルをかけていてうまい!」「インスタ映え気にしすぎ」「最近のユーチューバーも大変だな」「これが世界の変態か…格が違う」「まさに変態紳士」などと笑う声が上がった。

     被害を受けたレストランにとってはたまったものではないが、第三者にとっては、奇妙すぎて目を引く事件だったことは確かである。

    文/浅利 水奈

    画像はイメージです


    (出典 news.nicovideo.jp)

    なにしたかったんやwww

    <このニュースへのネットの反応>

    【【海外】レストランに侵入、全裸で「マルちゃん」を食べボンゴを叩いた男wwww】の続きを読む


     1970年代から親しまれている「スライム玩具」に、「食用タイプ」が登場しました。「PLAY Edible Slime」(食用玩具スライム)の名で、12月から海外で販売されます。米Amazonでの価格は9.99ドル(約1100円)。

    【画像】手を埋め込んでみた

     日本ではチーズケチャップで知られるクラフト・ハインツ・カンパニーが、ゼラチン系食品ブランドの「JELL-O」製品として販売。典型的な緑色のスライムイメージした「ライム味」と、なぜかユニコーンイメージした「イチゴ味」が用意されています。

     缶入りの粉末を、お湯で溶いて作るスタイル。出来上がると1時間ほど粘性が継続し、スライム遊びができます。肌や服が汚れても、お湯と石けんで洗い流せるとのこと。「食用」になったせいで、道徳的にアウトな「食べ物で遊ぶ」感が出てしまいましたが、「口に入っても大丈夫おもちゃ」と考えればアリかもしれません。

    いかにもな緑色のライム味


    (出典 news.nicovideo.jp)

    味付けるなよwwww

    <このニュースへのネットの反応>

    【【海外】誤って食べてしまっても体は大丈夫?! 禁断の「食用スライム」アメリカで販売開始】の続きを読む


    モデルエルサ・ホスク(30歳)が、今年のヴィクトリアズ・シークレットショーにて、ドリームエンジェルズ・ファンタジー・ブラ、通称「億ブラ」をまといランウェイに登場するようだ。そんな大役を任されたエルサは、その豪華ブラを初めて着用した際には興奮で震えたと明かしている。


    11月8日、米ニューヨーク開催のショーにて、スワロフスキーの工房にて制作された特注ランジェリーセットを身に着け登場予定のエルサは、ピープルに次のように話している。

    「とにかく今まで感じたことのない感覚だった。体がガクガクと震えていたわ。緊張からではなく興奮からのもの。今まで感じたことのない良い気分だった。これからも決して忘れることのできない感覚だったわ」

    そのエルサ着用予定の今年のファンタジー・ブラは、ブラレットとボディチェーンセット100万ドル(約1億1200万円)相当、2100個を超えるスワロフスキー製のダイヤモンドとトパーズがちりばめられているという。

    2015年から同ブランドエンジェルとして活躍するエルサはこう話している。

    「今まで見た中で一番美しいファンタジーブラよ。それを見た時『冗談でしょ』って思ったぐらい」
    「とにかくクールシンプルで現代的、そして本当に輝いているの。私がデザイナーだったら正にこういうものを作るといったね。着けたときは『誰かが魔法をかけて、私の体に載せたかのよう』って気分だったわ」


    (出典 news.nicovideo.jp)

    服着たら意味が、、

    <このニュースへのネットの反応>

    【これ必要か?? 1億円するブラ 通称“億ブラ”www】の続きを読む

    このページのトップヘ