ちくわの暇つぶしまとめ

ちくわの暇つぶしまとめでは、Twitterで話題の画像、動画。
面白いネタや話題のニュースを毎日まとめていきます。

    カテゴリ:


    ギアセカンド!!

    1

    NとかSとかLとか意味不明
    怖くて使えない


    【【自動車】オートマ車のギアをDしか使った事ない件】の続きを読む

    • カテゴリ:

    高すぎて買えない( ;∀;)
    オプションも結構な額になるんだよな

    1 へっぽこ立て子@エリオット ★

    (画像は >>2 にまとめてあります)

    日産自動車は、軽スーパーハイトワゴン『デイズ ルークス』をフルモデルチェンジ、車名を『日産ルークス』に改め、3月19日より発売する。

    新型ルークスは、日産自動車と三菱自動車の合弁会社NMKVのマネジメントのもと、日産が企画、開発。2019年3月に発売した新型『デイズ』同様、新開発プラットフォームを採用し、大人4人がゆったりと過ごせるクラストップレベルの広い室内を実現した。着座時の膝回りスペースも十分に確保。後席ニールームは795mmあり、ゆったりと座ることができる。また後席の室内高は1400mm。小さな子どもであれば、立ったまま着替えることもできる。さらに荷室床面の長さを675mm確保。48リットルのスーツケースを同時に4個、積載できる。

    便利で快適な使い勝手も新型ルークスの特徴。後席スライドドアの開口幅を650mm確保し、乗降性を高めた。さらに片足を車体の下にかざすだけで自動開閉する「ハンズフリーオートスライドドア」を両側ともに採用。両手が塞がった状態でも楽にドアを開閉できる。また後席は最大320mmスライド可能。前方にスライドさせれば、運転席に座ったまま、後席の子どもに手が届く。前席シートのヒップポイントも先代比60mmアップし、広い視界を確保。さらに、小さな子どもや高齢者の乗り降りをサポートする、助手席側スライドドア部の「オートステップ」をオプション設定した。

    新型ルークスは、快適で楽しい移動空間を提供。デイズに軽自動車初搭載した、運転支援技術「プロパイロット」を進化させ、今回、ルークスに搭載した。高速道路での長距離運転と渋滞のストレスを軽減するほか、新たにミリ波レーダーを追加採用したことで、より遠くの先行車の状況を検知し、スムースな制御が可能になった。エンジンは、デイズに搭載するパワフルなBR06エンジンをルークス用にセッティング。軽自動車を超える力強い走りを体感できる。またエンジンの骨格を高剛性化したことで、エンジン音の静粛性を向上。加えて、エンジン周りやドア周りに収音材を効果的に配置し、静かな室内空間を実現した。さらに「ゼログラビティシート」を採用し、ロングドライブ時の疲れもサポートする。

    先進安全技術では、前方を走行する2台前の車両を検知し、急減速などで回避操作が必要と判断した場合には、警報によってドライバーに注意を促す「インテリジェント FCW(前方衝突予測警報)」を軽自動車として初搭載。さらに「アダプティブLEDヘッドライトシステム」や、車両進入禁止・最高速度・一時停止の3つを検知する「標識検知機能」、「インテリジェントDA(ふらつき警報)」、「先行車発進お知らせ」などを搭載した。また、インテリジェント エマージェンシーブレーキはミリ波レーダーを採用し、夜間での性能を向上させた。そのほか、SRSニーエアバッグシステム(運転席)や高強度安全ボディにより、事故の際の衝撃を緩和。スポーティモデル「ハイウェイスターシリーズ」には、事故の際の自動通報のほか、あおり運転や急病などの緊急事態にも手動で通報できる「SOSコール」を標準搭載した。

    ハイウェイスターシリーズは、より大きく見えるワイド感と高い質感のエクステリアで存在感を主張。インテリアは、洗練された空間と、直感的な使い勝手で、「きれい」に「楽」に使え、さらにディテールにもこだわり、クラスを超える品質に仕上げた。

    スタンダードシリーズは、上品で洗練されたモダンでシンプルなスタイルを採用。インテリアは、明るいグレージュの内装色により包まれるようなリラックス感あふれる室内空間を実現した。オプションインテリアでは、ブラックとモカをベースとしたスタイリッシュなコーディネーションを実現している。

    ボディカラーは、2トーン5色、1トーン12色の多彩なバリエーションを用意。スタンダードシリーズの「セレニティゴールド」、ハイウェイスターシリーズの「アメジストパープル」と「アトランティックブルー」の3色は新色で、軽自動車のクラスを超えた質感にこだわっている。

    価格はルークスが141万5700円から168万0800円、ハイウェイスターシリーズが173万4700円から206万6900円。

    □関連ニュース
    日産 ルークス 新型 AUTECHブランド第5弾、上質なプレミアムスポーティモデル | レスポンス(Response.jp)
    https://response.jp/article/2020/02/25/332010.html

    2020年2月25日(火)13時23分
    レスポンス(Response.jp)
    https://response.jp/article/2020/02/25/332008.html


    【【自動車】まもなく発売 日産 ルークス 新型 大人4人がくつろげる室内空間…価格は141万5700円より】の続きを読む

    • カテゴリ:

    全然高くないしありやんけ!

    1

    トヨタ自動車は2020年3月12日、FRスポーツカー「86(ハチロク)」の限定車「GT“BLACK LIMITED(ブラックリミテッド)”」を発表した。注文の受け付け期間は同年3月12日の13時30分から同年4月16日までで、同年5月21日に発売する。販売台数は、MT車とAT車が43台ずつの計86台。

    今回のGT“ブラックリミテッド”は、カタログモデルの「GT」をベースとする限定車。外装色はクリスタルブラックシリカとブロンズカラーの組み合わせとなっており、1986年に発売されたAE86型「スプリンター トレノ」の最終特別仕様車「GT APEX“ブラックリミテッド”」を想起させるモデルに仕立てられた。

    内装色はブラックで、シートやメーターバイザーなどにはスエード調の表皮を採用。ブレンボのブレーキやザックス製のショックアブソーバーなど、走行性能を高めるアイテムも装着されている。

    主な特別装備は以下の通り。

    ・専用17インチアルミホイール(ブロンズ)
    ・ブレンボ製17インチベンチレ―テッドディスクブレーキ
    ・ザックス製ショックアブソーバー
    ・リアスポイラー(ブラック)
    ・フロア下およびタンク下のアンダーカバー
    ・インストゥルメントパネル助手席前方の「BLACK LIMITED」刺しゅう(ブロンズカラー)
    ・本革×アルカンターラのシート表皮
    ・前席シートヒーター
    ・グランリュクスのインストゥルメントパネルオーナメントおよびメーターバイザー

    価格はMT車が351万8600円で、AT車が358万6000円。(webCG)

    2020.03.12
    https://www.webcg.net/articles/-/42504

    86 GT “ブラックリミテッド”

    (出典 webcg.ismcdn.jp)


    (出典 webcg.ismcdn.jp)


    (出典 webcg.ismcdn.jp)


    (出典 webcg.ismcdn.jp)

    スプリンター トレノ GT APEX “ブラックリミテッド”(1986年に400台の台数限定で発売された)

    (出典 webcg.ismcdn.jp)


    【【トヨタ】1980年代の“ハチロク”にインスパイアされた「トヨタ86」ブラックリミテッド限定車が登場】の続きを読む

    • カテゴリ:

    よく見るかたちや

    1 名無しさん@そうだドライブへ行こう

    4列シート搭載



    (出典 image.ennori.jp)


    (出典 image.itmedia.co.jp)


    (出典 image.itmedia.co.jp)


    【【新型車】トヨタ 高級グランエース「グランエース」2019年以内に発売予定】の続きを読む

    • カテゴリ:

    おっさんが乗る車やな

    1

    悲しい(´・ω・`)

    (出典 i.imgur.com)


    (出典 i.imgur.com)


    【【自動車】新型スカイライン マツダ車みたいになるwww】の続きを読む

    このページのトップヘ