ちくわの暇つぶしまとめ

ちくわの暇つぶしまとめでは、Twitterで話題の画像、動画。
面白いネタや話題のニュースを毎日まとめていきます。

    カテゴリ: おもしろ


    こんな装置つけたらますます価格が高騰しちまう予感
    ただでさえ今の車高いのに(´゚д゚`)

    1

    ◆ 絶対スピード違反できないクルマ。EUで自動減速デバイスの搭載が義務化されそう

    自動運転車よりも先に求められる、現実的なテクノロジー。
    2020年5月からイギリスとEUで販売されるすべての新車を対象に、法定速度を超過した場合にブレーキをかけるか速度を落とすことのできるテクノロジーの搭載が義務化されようとしています。

    新たな規制は「General Safety Regulation」として、もともとEUで暫定的に取り決められたものですが、イギリス運輸省によればBrexitに関係なくイギリスも対象になるとの意向が示されています。
    今後、9月にヨーロッパ議会で採決が行なわれる予定となっています。

    これに加えて、酒気や脇見を検知するデバイス、さらには事故の際に何が起きたかを記録するデータレコーダーいったシステムの搭載についても議論されています。
    Fortuneが指摘するように、HONDAなどの一部のメーカーではすでにISA(intelligence speed assistance )とよばれる技術を搭載する車が売り出されています。

    これは、車に搭載されたカメラやGPSで道路標識を認識することで、制限速度を検知するというもの。
    速度を超過した場合には、運転手に知らせて車のスピードを緩めることができます。

    プレスリリースでは、シートベルト着用の義務化をはじめヨーロッパでは過去50年に道路安全に向けて大きな飛躍を遂げてきたと振り返るヨーロッパ交通安全評議会(ETSC)のAntonio Avenoso氏のコメントが掲載されています。
    さらに今回の規制によって、今後15年間で2万5千人の命が救えるという試算が示されています。

    いっぽう、新たな規制によって運転者がシステムに頼りすぎて注意不足になるなど、"予期せぬ"結果を招くおそれも指摘されています。
    制限速度=適正な速度ではなく、子どもの通学路周辺などもっとスピードを落とすべき場面も多々あるはずだと見解を示したのは、イギリス自動車協会長のEdmund King氏。

    「ISAのようなシステムがあると、制限ギリギリまで出したくなる可能性がある」として「本来、速度制限にもっとも適しているのは運転者の右足だ」と、BBCの取材に答えています。
    日本に住むうちの親は、何かあったときのためにと自動車保険会社のカメラを搭載して車を走らせるようになりました。

    カーナビの画面に映るはずのバックカメラの映像が壊れたときには、もう何十年も運転しているはずなのにバックで駐車できるかプチパニックになったり...。
    こういう場面を目撃するたびに、テクノロジーが便利になるほど人はダメになるのかな(大袈裟)と一瞬思ってしまいます。

    私が住むスイスでは多くの国と同じようにあおり運転、交差点(ラウンドアバウト)での衝突事故や、スピード違反を検知するレーダーの付近で急に速度を落とす車が多発して渋滞が起きる...といった問題に直面しています。
    いずれもテクノロジーの力に依存する前に、人として予防できる部分をないがしろにすることがないようにと願うばかりです。

    写真:
    (出典 assets.media-platform.com)

    ツイート:https://twitter.com/EBienkowskaEU/status/1110452212537479168/

    GIGAZINE 2019.03.29 13:00
    https://www.gizmodo.jp/2019/03/eubk_general-safety-regulation.html
    (deleted an unsolicited ad)


    【【技術】EU、自動車に「自動減速デバイス」の装着義務化か?】の続きを読む


    薬はあかんな

    1

    麻薬取締法違反の罪で起訴されたミュージシャンで俳優のピエール瀧こと瀧正則被告が4日夜、保釈保証金400万円を支払い23日ぶりに保釈された。

    「この度は、私ピエール瀧の反社会的な行為により大変多くの皆様にご迷惑とご心配をおかけしてしまいました。誠に申し訳ございませんでした」
    27秒間にわたり深々と頭を下げた瀧被告。駆けつけたファンからは「頑張れ」「めげるなよ」などの声援があがった。

    コカインを使用した疑いで先月13日に逮捕された瀧被告は、「自宅とは別の都内のマンションで吸引した」
    「20代からコカインや大麻を吸引していた」などと証言。長年、手を染めてきた薬物の誘惑を、今後断ち切ることはできるのか。

    違法薬物を使用した罪などで有罪判決を受けた清原和博氏が先月6日、依存症啓発イベントに出席。
    そこで自身の体験を語り、「薬物というものは一時的に止められてもやめ続けることは自分自身では非常に難しいことだと思います。
    近くにいる人の理解があれば、いま自分が苦しいんだ、つらいんだと言える環境があることが一番大きいことだと思います」と、家族や友人の支えが必要だと訴えた。

    一方、「ここからがスタート。ピンチをチャンスにできるか」と話すのはアーサー・ホーランド牧師。

    薬物依存症で苦しむ人の支援なども行っているといい、「(薬物使用が)20代からということは、人生の半分以上。
    薬物依存症というのは、精神病院に入るか、刑務所に入れられるか、自殺するかの3つに1つの道しかないと言われるぐらい大変なもの。
    自分で頑張る、喝を入れてやめさせるということはできなくて、弱さと向き合って、ダルクやナルコティクス・アノニマスのように
    依存者がともに社会復帰していこうというつながりがないと難しい」と指摘する。

    そして、『一人を滅ぼすこと、これよりも大きな社会の損失はない。また、一人を救うこと、これよりも大きな国益はない』という“福祉の父”留岡幸助氏の言葉を紹介。
    「薬物依存症の方々が自立していくために、社会が見守っていく、身近な人が寄り添っていく、ケアする社会になっていくことも必要。日本は外国と比べてまだまだだと思う」と述べた。
    https://abematimes.com/posts/6012933


    【【芸能】 ピエール瀧被告を待つ薬物依存症治療】の続きを読む


    美人さんやな

    1 風吹けば名無し

    勝ち組やね

    (出典 i.imgur.com)


    【里田まいさんガチで幸せそうで何よりwww】の続きを読む



    (出典 2.bp.blogspot.com)


    結局何が一番いいの?

    1 孤高の旅人 ★

    スマートフォン本体の平均購入金額、大手3キャリアは7万268円、格安スマホは4万262円
    3/18(月) 7:20配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190318-00010002-dime-ent

    スマートフォンを機種変更する時に突きつけられる、他社へ乗り換えるべきか否かの二者択一。

    最近は、格安SIMなどの新たな選択肢も増えてきているため、今まで以上に悩みは尽きないだろう。

    今回、そんな大手キャリアと格安SIMについて比較調査を含めた、「2019 年スマートフォンの料金に関するアンケート」の結果が発表されたので、紹介していきたい。

    端末・通信料の分離プランへの理解度は39.6%
    スマートフォンを所有する13歳~59歳の男女563 人を対象に、「総務省が携帯電話会社に通信料金と端末代金を完全に分離することを求めている。

    通称『分離プラン』と言うが、あなたの『分離プラン』への理解度を教えてください」という質問が行われたところ、「完全に理解している」が8.5%、「やや理解している」が31.1%、「理解していない」が60.4%となった。

    続いて通信会社と契約している人を対象に、「『分離プラン』が義務化になった場合スマートフォン本体の価格が高くなると予測されている。

    そうなった場合スマートフォン本体に支払える許容範囲の金額はいくらですか?」という質問が行われたところ、大手3 キャリアユーザー(n=420)では「10,000 円未満」が19.3%と最も多く、次いで「10,000 円以上20,000 円未満」「20,000 円以上30,000 円未満」が14.5%、「30,000 円以上40,000 円未満」が9.3%となり、平均金額は39,832円となった。

    格安SIM ユーザー(n=130)では「20,000円以上30,000 円未満」が23.1%と最も多く、次いで「10,000 円以上20,000円未満」が17.7%、「10,000円未満」が15.4%となり平均金額は33,614 円となった。

    ※金額の平均は各範囲の中間値を基に計算している。
    ※本調査では格安SIM にY!mobile を含めている。

    現在支払っているスマートフォンの平均月額料金、大手3キャリアユーザーは8,451円、格安SIMユーザーは2,753円
    通信会社と契約している人を対象に、契約している通信会社での1ヶ月の料金の総額(端末代、オプションを含む)を尋ねる調査が行われたところ、3 キャリアユーザー(n=420)では「7,000円~8,000円未満」が13.6%と最も多く、次いで「8,000 円~9,000 円未満」が11.2%、「6,000 円~7,000 円未満」が10.5%となり平均月額料金が8,451円となった。

    格安SIMユーザー(n=130)では「2,000円未満」が43.1%と最も多く、次いで「2,000円~3,000円未満」が23.1%、「3,000円~4,000 円未満」が15.4%となり平均月額料金が2,753円となった。

    ※金額の平均は各範囲の中間値を基に計算している。
    ※本調査では格安SIM にY!mobile を含めている。

    スマートフォン本体の金額を把握している人:大手3 キャリアは66.4%、格安SIM は87.7%
    通信会社と契約している人を対象に、スマートフォンを購入した時のスマートフォン本体の金額について尋ねる調査が行われたところ、大手キャリアユーザー(n=420)の66.4%、格安SIMユーザー(n=130)の87.7%が「スマートフォン本体の金額を把握している」と回答した。

    続いて、支払っているスマートフォン本体の金額を把握している人を対象に、支払っている金額を尋ねる調査が行われたところ、大手キャリアユーザー(n=279)では、「80,000円以上90,000 円未満」が14.3%と最も多く、次いで「70,000円以上80,000 円未満」が10.4%、「100,000 円以上110,000 円未満」が9.3%となり平均金額は70,268 円となった。

    格安SIM ユーザー(n=114)では、「20,000円以上30,000円未満」が23.7%と最も多く、次いで「10,000 円以上20,000 円未満」が17.5%%「30,000 円以上40,000円未満」が13.2%となり平均金額は40,262円となった。

    ※金額の平均は各範囲の中間値を基に計算している。
    ※本調査では格安SIM にY!mobile を含めている。


    【【端末代】スマートフォン本体の平均購入金額高すぎwwwww】の続きを読む



    (出典 3.bp.blogspot.com)


    結婚はおめでたいことだ

    1 カエサル ★

    3/2(土) 22:35 スポニチアネックス
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190302-00000164-spnannex-ent

     4人組人気YouTuberグループ「ヘンジンマジメ」の保田淑希(よしき=21)と「ViVi」(講談社)の人気読者モデル・すみだかほ(22)が昨年結婚していたことが2日、分かった。
    ヘンジンマジメの動画、すみだのインスタグラムで発表された。保田はグループを卒業する。すみだは「春には2人の間に新しい家族が増えます」と妊娠も報告した。

     保田は「わたくし保田淑希は長らくお付き合いをさせていただいた方と、この度、入籍する運びとなりました。お互いの両親にはあいさつを済ませており、その了承も頂いております。
    これまで応援していただいた方から賛否両論のご意見があるとは思いますが、これまでだらしない自分がちゃんとした大人になっていくこれからの過程において、
    今、お付き合いさせていただいている方が必要な存在だと感じ、結婚を決断した次第でございます」と書面を読み上げて報告。すみだの名前は出していない。

     すみだも「この度、私すみだかほは、かねてからお付き合いさせていただいている保田淑希さんと昨年入籍いたしました。楽しいときも辛いときもいつもそばで笑いあったり支えてくれたりして何回喧嘩しても何回でも仲直りして私のすべてを好きになってくれてこの人となら一生一緒にいたいと支え合って生きていきたいと初めて思えました」と結婚を発表。

     「そして重ねての報告になりますが、春には2人の間に新しい家族が増えます」と妊娠も明かし「私個人の活動は、これからも無理のない範囲で家庭を優先しながら続けていきたいと思っています。突然の報告になってしまいましたが、2人を見守っていただければうれしいです」と呼び掛けた。

     保田は「まだまだ未熟な自分ではありますが、今まで以上に努力をし、精いっぱい幸せにしていくつもりです」と決意。「それに伴い、ヘンジンマジメとしてのYouTube活動及びインフルエンサーとしての活動をやめることにしました。ヘンジンマジメの他3人はもちろん、事務所とも相談をして、この結論に至った次第です」と続けた。

     そして「辞める理由としては、収入が不安定である部分が大きく、家族を守り続けるため、安定した職業に就くことが自分の中での1つの責任だと強く感じたため、就職をすることを決めました。
    そこで就職するにあたって、不器用な自分が今の活動を続けながら働くということも難しく、ヘンジンマジメを脱退させてほしいとメンバーに相談した結果です」と説明。
    「ツイッター、インスタグラム等のSNSに関しても、今後辞める予定でございます。急な報告になってしまい、誠に申し訳ありません。今まで応援してくれた方々、本当にありがとうございました。これからもヘンジンマジメのことをよろしくお願いします」と締めくくった。


    【【芸能】人気YouTuber「ヘンジンマジメ」保田淑希と人気読モ・すみだかほ結婚!】の続きを読む

    このページのトップヘ